2010年10月10日

気象病とは

気象病とは

気象病とは天気に関係する不調のことです

寒いと血圧が上がりやすくなったり、頭痛がしたり
雨が関係して古傷が痛んだり、と天気によって
体調の変化を感じたことはありませんか?

気象病は特に、梅雨時になり雨が続くと、
ぜんそくや関節痛などの持病が悪化しやすい傾向があります。
ほかには倦怠感(身体的、精神的に感じるだるさ )を
訴える人も多くなります。

精神的なだるさとは、落ち着かない、集中できない
食欲が出ない、落ちこむ、イライラする
などといった症状です。



気象病」は天気と関係ある病気です。
あまり耳にすることが無かった気象病ですが
この病気は昔からあります。

この気象病は現代人に多く見られ、さらに今後も
増えていくだろうと考えられています。
posted by 気象病をのりきる! at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象病とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。